サービス案内

一般的なカーペット清掃例・Q&A

一般的なカーペット清掃例

一般的なカーペット清掃例

・パイルブラシ(除塵)

・バキューム(吸塵)

・シャンプー作業

・プレコン(シミ取り)

・スポット除去

・カーペット洗浄

・汚水回収

一般的なカ-ペット洗浄の流れ

  • 掃除機で吸引

    1)掃除機でゴミやホコリを吸引します。

  • 落ちているもの

    オフィスでは輪ゴム、クリップなどの他にホッチキスの針がよく落ちています。

  • 細かく丁寧な仕事

    ホッチキスの針は掃除機だけでは除去しにくく、手で抜いたりこのようにペンチを使用したりして取り除きます。

  • 大量のホッチキス

    これだけのホッチキスの針が取れることも珍しくありません。

  • 洗剤を噴霧

    2)噴霧器を使ってカ-ペット用の洗剤を噴霧します。

  • 汚れに応じてシミ抜き剤を噴霧

    特にシミが目立つ所にはシミ抜き剤を噴霧して・・・。

  • ハンドブラシでブラッシング

    ハンドブラシを使ってブラッシングします。

  • ハンドポリッシャーを使うこともあります

    ハンドポリッシャーを使うこともあります。

  • バルチャー

    3)バルチャーを使ってカーペットの中に入り込んだ汚れをかき出します。

  • バルチャーのヘッド

    バルチャーのヘッド部分です。3つのブラシが回転しながら汚れをかき出します。

  • エクストラクター

    4)かき出した汚れを回収します。エクストラクターと言う機械です。持っているノズルの先端から水を噴射し、同時に汚れを汚水として吸引します。

  • 本体でリンス&バキューム

    広い場所などではノズル(ウォンド)を装着せずに、本体でリンス&バキュームすることもあります。

  • 回収した汚水

    回収した汚水です。大抵の場合真っ黒です。

  • 送風機を使って乾燥させて完了

    5)送風機を使って乾燥させて完了です。

カーペット清掃に関するよくあるご質問

カーペットの定期清掃はどれくらいの周期で行うものですか?
年に1~2回の定期清掃が標準です。
お客様ごとにご状況が違いますので、詳しくはご相談ください。
カーペットの定期清掃は必要でしょうか?
カーペットを定期に清掃すると長持ちしますので、経済的でとてもエコロジーです。
また、カーペットを高温洗浄することで、菌やバクテリアを殺菌するため、衛生的で清潔になります。
定期的に清掃し、掃除機では取れない汚れや目に見えない汚れを落とすことで、カーペットがキレイになり臭いもなくなります。
コーヒーやワインのシミは落ちますか?
コーヒーやワインなどのしつこいシミも、専用洗剤でしっかり落とします。
カーペットの汚れは、できるだけ早く処理する程落ちる可能性は高くなります。
コーヒーなどをこぼした時期にもよりますが、長期間放っておくと洗浄しても修復は不可能です。
ペットのニオイは取れますか?
カーペットに染み込んでいるペットのニオイは、クリーニングによってある程度取り除くことはできます。
しかし、カーペットの裏地まで染み込んでいるペットの尿のニオイは、完全に除去することはとても難しい作業です。
段通カーペットやシルク製はクリーニングできますか?
段通カーペットは、色落ちするものがございます。
実物を拝見し、必要でしたら一度テストをさせていただき、お返事させていただいております。
シルク製カーペットは水が使用できないため、申し訳ございませんがお断りしております。